杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

琵琶ゼリーを作りました

コメントする

 今日は天長節でお店はお休みを頂いたのですが、家内と二人で琵琶ゼリーを作りました。この季節に?と思われるかも知れませんが、案外冬場でも動いています。
また意外な事に、一年を通して一番売れるのは8月よりも6月です。じめじめした暑さにさっぱりした涼しさをお求めになる方が多いのかも知れません。
気温が25度を超えるとアイスクリームが売れ、30度を超えるとかき氷が売れると言われています。夏の暑さにはアイスクリーム、もっとお日さまギラギラ真夏の暑さには氷やシャーベット系の方がさっぱりして涼しさを感じさせる効果がありそうです。
ちなみに弊社の琵琶ゼリーは液糖を使用し、凍らせてシャーベットにしてもおいしく召し上がって頂けるようにしてをります。
砂糖とゲルを煮詰めます。85度で10分程度が目安。その後、液糖、果汁、ホワイトリカー、等を加えて準備完了。

砂糖とゲルを煮詰めます。85度で10分程度が目安。その後、液糖、果汁、ホワイトリカー、等を加えて準備完了。

充填機でカップに定量を入れて行きます。琵琶は一つずつ手で入れています。穴の方向を上に向けておかないと中の空気が抜けず、シールした後でクルッと回って気泡が出来てしまします。

充填機でカップに定量を入れて行きます。琵琶は一つずつ手で入れています。穴の方向を上に向けておかないと中の空気が抜けず、シールした後でクルッと回って気泡が出来てしまします。

奥の部分で二度シールをして、手前のカッターでフタを切り抜きます。ちゃんとつまむ部分を残してあります。

奥の部分で二度シールをして、手前のカッターでフタを切り抜きます。ちゃんとつまむ部分を残してあります。

出来上がりが並んで出てきます。

出来上がりが並んで出てきます。

籠に並べて行きます。重なると熱が中まで入らないので適度な隙間を空けています。

籠に並べて行きます。重なると熱が中まで入らないので適度な隙間を空けています。

85度の熱湯で20分殺菌します。

85度の熱湯で20分殺菌します。

流水冷却で一気に温度を下げます。あとは固まり具合を確認して、水分を拭き取ってようやく完成。

流水冷却で一気に温度を下げます。あとは固まり具合を確認して、水分を拭き取ってようやく完成。

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中