杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

年金手帳が届いた (長女にです)

CIMG7516昨年暮れ二十歳になった娘。誕生日~お正月~成人式~と楽しいイベント続きでしたが、実際に社会の一員として責任を負う立場になったのだと自覚する良い機会になりました。

もちろん、まだ学生なので卒業して働き始めるまで納付は猶予してもらう手続きをしましたが、実際自分が貰えるかどうか、納付額に対して得か損かという事では無しに、社会の一員として義務を果たさなければいけない、と云う事を二つ年上の長男の時と同じように伝えました。

せっかく五体満足に生まれたのだから世の中の役に立つ人になろう。と三人の子供たちには繰り返し言っています。何も大上段に構えて野口英世やマザーテレサになれと言っているのではありません。働いてお給料を貰うと云う事はそれで世の中の役に立っているのです。ちゃんと働いて、税金も保険料も年金もきっちり払って世の中を支える側の人になる。そこが社会に参加する最低限の資格です。当たり前の事をきちっとする。ルールを守る。約束を守る。スタートはまずそこからです。

周りを幸せにしたり、人に感謝されるようになるのはまだまだ遠い先の話。職業の能力を磨き、本を読んで内面を磨いたその向こうにある事です。若者よ、ゆっくり頑張れ~!

大忠堂 top page に戻る


コメントする

家原裕子さん講演会

1604841_10203101685008112_66707667_n

日曜の午後、ご近所のドイツの木のおもちゃ「ころぽっくるの家」で友人の家原さんが講演会を行いました。彼女とは高校時代のクラスメート、家内とも中学の同級生です。英語が堪能で、当時としては珍しく高校時代に一年間アメリカに留学しておられました。イギリスで銀行にお勤めの後、すべてのキャリアを捨て、南アフリカでチーターの保護活動をしておられます。

以前このブログでも紹介しましたが、親とはぐれたり子育てを放棄された子供チーターを保護し、狩りのトレーニングをして再び野生に返すのが主な活動内容です。そして、野生に帰ったチーターが家畜を襲ったりすることが無いように自然保護区の周囲に電磁線を張り巡らせる為の基金を設立。日本と南アを行き来し、講演会やグッズ販売など地道な活動を続けて居られます。

この日の講演会も満員の大盛況。子供さんからお歳を召した方々まで、沢山の方が興味深くお話を聞いておられました。一人ひとりがちょっと気にかける、と云う事の積み重ねが大きな力になって行くのだと思います。そんな訳で私も美味しいワインを購入しました(笑)

右上から時計回りに①ダチョウの卵 ②白:ハイエナのふん、黒:キリンのふん ③ふんころがしの糞玉 ④鳥の巣

右上から時計回りに①ダチョウの卵 ②白:ハイエナのふん、黒:キリンのふん ③ふんころがしの糞玉 ④鳥の巣

大忠堂 top page に戻る


コメントする

雨ニモマケズ

51Hb9wrMf0L._SL160_

兄のトランク 宮澤清六著

宮澤賢治の弟、清六さんのご著書を読みました。

賢治さん、実は生前はほぼ無名で、出版されたのは「註文の多い料理店」と詩集が一つだけでした。亡くなった翌年、友人の高村光太郎や草野心平、横光利一(長等小学校OB!先輩です)らが「宮沢賢治友の会」を呼びかけ、清六さんが原稿の詰まった遺品のトランクを担いで上京されました。そこから飛び出した作品の数々。それはもう、宝物の箱を引っくり返したような事になったのは想像に難くありません。あの「雨ニモマケズ」の手帖もトランクのポケットに入っていたのだそうです。

このトランクをめぐる逸話は実にドラマティック。その辺りの話を確かめたくて図書館で借りてきました。

もう、5年ほど前の事になりますが、米原市で宮沢賢治展があり、清六さんの書簡もたくさん拝見してきました。そして去年の事ですが、お孫さんの宮澤和樹氏とお電話でお話させて頂いた事があります。賢治さんのシルエットの商標をお持ちなので、使用についてお訊ねしたのですが、残念乍ら商用には不可との事でした(泣)

1209404_10202198014336910_775446979_n

大忠堂 top page に戻る


コメントする

いよいよオープンです

無題思い起こせば1996年4月biwaネット(現ビワローブ)がプロバイダサービスを始めると同時にインターネット接続し、手作業でHTMLを書いて大忠堂のホームページを作りました。FTPが無く、フロッピーを持って行った事を覚えています。当時としてはかなり先端を行っていたと思いますが、作っただけ、アップしただけで、折角のサイトをどう活かしていくかと云う視点が抜けていました。

カートに入れる→レジに進む→カードで決済 と簡単にお買い物をして頂けるようにショッピングサイトが完成しました。明日、23日から本格稼働致します。機会がありましたら是非ご利用下さい。

昨日夕方から悪寒がして、今日は一日寝込んで居りました。(たくさんの人に嗤われましたが、私だって風邪くらい引きますよ~~^^) でも、お陰で今日はサイトの最終確認のやり取りがスムースにできました。ショップメディア、㈱アロンジェの小林さんには開設にあたり大変お世話になりました。ありがとうございました。

無題1

大忠堂 top page に戻る


コメントする

ご逝去を悼みます

trd14011719390017-n1       14Z20140117GZ0JPG0004010010

小野田さんがお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈りいたします。一度お目にかかりたいと思っていた方でした。

ルバング島のジャングルから出てこられたニュースを聞いた時、私はまだ小学生でしたが、三十年と云う時間の長さに気の遠くなるような感じがした事、そしてあまりにも任務に忠実なところに驚いた事を鮮明に覚えています。また、ご自身が改造したラヂオで終戦(敗戦)を知りながらも、嘗ての上官である谷口義美陸軍少佐から任務解除・帰国命令が下るまで出てこられなかったと云う頑なさも小野田さんの魅力の一つだと思ひます。

小野田少尉にはずっと戦闘状態にあられたのですから当然かもしれませんが、出てこられた時の凄みを帯びたコワイお顔と晩年の品性あふれる穏やかなお顔の違いにも驚いてしまいます。陸軍中野学校のご出身で、英語も中国語も堪能だそうですから相当賢い方なのでしょう。お兄さんは東大医学部、弟さんも陸士を出て居られる優秀なご家族だと聞いた事があります。お母様は出征の際、自決用の短刀を渡されたそうですから武士の教えのある家系の方だと拝察いたします。

小野田さんの失われた三十年。本当は得られたであらう家族に囲まれた平穏な暮らし。たくさんの小野田少尉の犠牲の上にある平和を噛みしめる日にしなければならないと思ひます。

日本がおかしく(弱く)なり始めたのは昭和の終わり~平成の始め頃。ちょうど軍隊経験のある方々が社会の一線から引退されたのと同じ頃です。 私たち日本人の”背骨”の部分はまだどこかにちゃんと残っていると信じたいものです。

大忠堂 top page に戻る


コメントする

ジャム作り 本日は二本立て

緑茶ペーストに砂糖を混ぜ加熱していきます。

緑茶ペーストに砂糖を混ぜ加熱していきます。

緑茶は加熱で色が変わってしまいます。なので今までジャムには出来なかったのですが、ビタミンCを使って色と風味を定着させたペーストを使用し、緑茶の持つ色と味をそのままジャムにする事が出来ました。弊社では土山茶を使用しています。

水分が出てきてとろとろになってきます。

水分が出てきてとろとろになってきます。

ぐつぐつ煮詰めているといい匂いが漂います。

ぐつぐつ煮詰めます。お茶のいい匂いが漂います。

少しアクが出てくるのでお玉を使ってすくいます。

固まるのを助けるためにペクチンを加えます。弊社では伊那食品さんのライム、レモン、海藻から抽出したペクチンを使用しています。

固まるのを助けるためにペクチンを加えます。

ペクチンとは自然由来のもので、かんきつ類の皮などに含まれています。マーマレードのように皮も入れる場合はペクチンの添加は不要です。またペクチンには食物繊維としての働きもあり、整腸作用やコレステロール低下作用などの効果があると言われています。

緑茶糖度を少し低めにしています。56%程度で火を止めます。

糖度を少し低めにしています。56%程度で火を止めます。

緑茶ジャムを開封後、冷蔵庫に入れて保存しておくと砂糖が結晶化してざらつく感じのする事があります。蜂蜜などでも同じようになる事がありますが、弊社の他のジャムでは起こらず、なぜか緑茶だけにこの症状が現れます。なので昨年秋以降は糖度を少し低めに設定し、結晶化を防止しています。

どなたか原因がお分かりになる方がおられましたらご教示下さい。(不思議な事に、未開封の場合は低温にしても結晶化しませんでした。)

結晶化しても品質に問題はありません。また、その場合は少し加熱して頂くと元に戻ります。念のため。

レモン果汁を加えてPHを下げます。さっぱりした食感と日持ちがするようになります。

レモン果汁を加えます。

PHを下げ、酸性にする事で、さっぱりした食感が得られ、また、日持ちがするようになります。

粉注ぎ(たこ焼き屋さんが使ってるやつです)で計量しながら瓶に充填していきます。

計量しながら瓶に充填していきます。

たこ焼き屋さんが使っておられる粉注ぎを使用しています。ひとつ155g入れています。

85度の熱湯で殺菌します。

85度の熱湯で殺菌、そして脱気をします。

ジャムを瓶詰する時に出来る隙間を「空寸」と言います。加熱殺菌すると空寸の空気が膨張します。一瞬フタを緩めて高圧になった空気を逃がし、しっかりフタを締めなおします。この作業をする事によって、冷めた後空寸は真空に近くなり、保存に適した状態になります。

あとは冷めるのを待ち、瓶を拭いてラベルを貼り完成です。

今日は引き続きブルーベリージャムも製造しました。

CIMG7507大津市田上の「よねだ農園」さんのブルーベリーを使用しています。

ブルーベリーと砂糖を混ぜて加熱します。

ブルーベリーと砂糖を混ぜて加熱します。
最初はゴツゴツしていますが、ブルーベリーから水分が出てきます。

最初はゴツゴツしていますが、ブルーベリーから水分が出てきます。すぐにとろとろになります。

ぐつぐつ沸騰しています。

ブルーベリーの香りが漂います。この匂いを嗅ぐと、疲れていてもシャキッとなるような感じがします。いったいどんな成分が含まれているんでしょう・・・

ぐつぐつ沸騰しています。以下のプロセスは他のジャムも同じです。ペクチンを加え、糖度が60%位になるまで煮詰めたあと、レモン果汁を加えて完成です。

ブルーベリージャムは果実の割合が大きいので、155gを一定に量る瓶詰め作業はなかなか難しいものがあります。果実が多く入ると分量の割に軽くなるし、逆に果実が少ないと見た目の分量は少なくても重くなってしまいます。出来るだけ均等に果肉が入るように混ぜたり揺すったりしながらの作業になります。

今日のブルーベリージャムの約三分の一は「ヨグベリー(ヨーグルト風味のブルーベリーゼリー)」の材料に使用します。

大忠堂 top page に戻る


コメントする

近江八景

Hiroshige_Evening_view_of_a_temple_in_the_hills

前回の続きです。江戸時代を代表する、また狂歌三大家と呼ばれた太田蜀山人。

短歌三十一文字の中に近江八景を全部入れられるかと言われて・・・

”乗せたから 先は粟津か 只の駕籠 比良石山や 馳せらせてみい”

(の勢多唐 崎粟津 堅田のかご 比良石山矢 橋らせて三井)

と詠まれました。お見事です。

さらに、では俳句で近江八景を全部詠めるか?と問われ

七景は 霞の中に 三井の鐘

と、応へられたそうです。

美しい近江八景が身近にある、大津は本当に良い所ですね。絵は歌川広重の「三井の晩鐘」です。

大忠堂は画像右下をちょっとはみ出した辺りにございます。もちろんこの時代にはありませんが(笑)

大忠堂 top page に戻る