杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

お雛さま

コメントする

お雛様遅ればせながら、週末にお雛さまを飾りました。

いや、正確に言うと台を作るのを手伝って、あとは家内が飾り付けるのを眺めていました(笑)

二十年前、長女の初節句に家内のご両親から頂戴した七段飾りの立派なものです。長い時を経ても人形はまだ真新しいままのように見えます。ちゃんと手入れをして保管すれば、きっと二十年後も同じ姿で、今度は娘が自分の娘のために飾り付けているだろうし、四十年後にはその孫がまた…と思うと、一世代、二世代などあっという間に過ぎるものなのだと実感します。

そして…八十年ほど経って、その孫がばあさんになって、もう買ってくれた”じいじ”も”ばあば”も”私たち夫婦”も、たぶん”娘”も誰もいなくなった頃、「私のお母さんが生まれた時に、そのお爺ちゃんが買ってくれたのよ」なんて会話を夢想すると、時代を超えて伝わる義父母の気持ちを改めてありがたく思います。下の娘にも女の子が生まれたら私が”じいじ”になってお雛さまを買ってやろうと思います。

ところで、お雛さまを外国の人たちに説明するのに辞書を引くと ”a set of dolls displayed through the Girls’ Festival season” と出てきます。「おひなさま」という雅なひびきも何も無く、単に説明文のようなので、(第一、長すぎて覚えられませ~ん^^)私はいつも”Hinamatsuri dolls”とか”Hina dolls”と言っています。ニュアンスが伝わればそれでいいですよね!?

大忠堂 top page に戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中