杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

あれから三年

3.11から三年。月日の経つのは本当に早いものです。日々の暮らしの中から震災・津波といった言葉がだんだん遠ざかって行くのを感じますが、被災地の方は未だご苦労のただ中に居られる事を忘れないように戒めていきたいと思います。

以前このブログで紹介した、元我が家の居候ニール教授が震災直後にミズーリ州の地元の新聞の取材を受けています。遡って彼のFaceBookを見てみましたが元記事はリンク切れでした。

無題

その記事の中に「私の友達、兄弟Yoshiaki Morimotからの引用」と題して震災直後、心配してくれていた彼に宛て送ったメールが紹介されていました。

「幸いに私たちの住む関西エリアは地震の影響を受けていない。同情する事も大切だが、それは数日のうちに終え、それぞれの通常の活動、特に経済活動を今まで以上に活発にする事が必要だ。その活動が被災地の救済に繋がる。日本人は力を合わせて必ず繁栄を取り戻す」送信済メールを読み直すとこのような趣旨の事が書いてありました。 ”Keep calm and Carry on”の精神です。

今年の3.11は末娘の中学校の卒業式でした。三年のうちにランドセルを持った子供が高校生目前までになるのですから、こちらも早いものです。今夜は若者たちの未来に祝杯です^^

CIMG7594

大忠堂 top page に戻る


コメントする

便利なツール

レーザーポインタ付非接触型温度計を購入しました。

従来は大釜の外側から這わせたステーに棒温度計を取り付けていました。ゼリーの時は非常に便利なのですが、ジャムを作る時には果実の重みで割れる危険があるため、温度計を外して、その都度差しこんで計測していました。

新兵器はレーザーポインタを合わせたところの温度が瞬時に表示されとても便利です。お煎餅の焼き型の温度計測もとてもラクになりました。

1962773_588944111200476_937656317_n

昨年購入したデジタル糖度計も便利ツールの一つです。お皿の部分に液体を入れるとこちらも瞬時に糖度を計測してくれます。

1385813_521182764643278_1358665115_n

やはり、仕事は道具だと実感しました。昨年の展示会では糖度計付きの釜もありました。(いいなぁ…)

もう一つ、作業の過程を客観的にする事も大切だと考えています。永年の”勘”とか”だいたいの感じ”でしてきた仕事を数値化してマニュアル化する事で、職場の誰もが出来るようにしていきたいと実践中です。
大忠堂 top page に戻る


コメントする

桜咲く・・・かな?

まったく私ごとで恐縮ですが、末娘が高校受験から帰って来ました。「難しかったぁ~」とボヤきつつですが…(苦笑)。風邪やインフルエンザに罹らず、万全の体調で受験出来ただけでも感謝です。

三年生の夏まで塾も行かず、自力でよく頑張りました。むろん、学力がすべてではありませんが、目の前の「しなくてはならない事」に真正面から真剣に取り組む姿勢が尊いのです。合否に関係なく、やってきた事はきっと無駄にはなりません。 でも、やっぱり合格出来たらいいね!

我が家には受験生がもう一人。大学三年生が就職活動の真っ最中です。こちらは数撃てば当たるかの如く、毎日大阪、京都へ出掛けています。昨日は幸先良く、簿記二級の合格通知が届きました。わが道を信じて頑張って下さい。CIMG7584

日頃子供たちにエラそうな事を申しております親自身もいい成績表が貰えるように益々頑張らねば!!

大忠堂 top page に戻る


コメントする

一月に緑茶ジャムの結晶化について書いたところ、横浜市にお住まいの仲野様から「お酢などを加えて転化糖にすればどうか」と大変貴重なアドバイスを頂きました。中学生のご子息が興味を持って理科の先生に訊ねて下さったそうです。ありがとうございました。

ジャムや蜂蜜に含まれているドロッとした糖を転化糖と言います。 転化反応は、酸または酵素によって起こり、 「ショ糖(砂糖)」が「果糖」 + 「ブドウ糖」 に加水分解されます。転化糖には保水性や結晶化を防ぐ役割もあります。

くだもののジャムを作る時は果実の持つ酸性分で自然と転化糖が出来ますが、緑茶は中性です。なるほど、もっと酸を加えPHを下げて転化反応を促せば良いのではないか?とレモン果汁の量を変え、PH値を変えたサンプルを作り実験をしてみたところ、やはりPHの低いものほど結晶化は起こりませんでした。

しかし、そこでまた新たな問題が発生。PH3.8程度に下げるためにレモン果汁を加えると、酸味が効きすぎてしまいます。緑茶ジャム独特の風味が無くなり、とても酸っぱいジャムになってしまいました。

こういう時は、お世話になっている材料商社の営業T君に電話。若くてちょっとチャラい外見には似合わず、とてもたくさんの抽斗を持っています。「そういう時は、酸味度の低いフィチン酸がいいですよ」とスッと教えてくれました。

フィチン酸とは米ぬかなどに含まれている成分で大腸がんの抑制作用がある事が証明されています。他にも
◎血栓症を予防する効果
◎高カルシウム尿症を予防する効果
◎貧血を予防する効果
◎生活習慣病による血液不調を改善する効果

などがあるそうです。詳しくはhttp://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/phytic-acid/ をご参照ください。

たくさんの方々のご協力とお知恵をいただき感謝しています。これからも原材料を厳選して、より良いモノづくりに励んでいきたいと思います。ありがとうございました。

大忠堂 top page に戻る