杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

お疲れさまでした

コメントする

二十歳のころ友人に譲ってもらったダイバーズウオッチ。ずいぶんキズだらけになったものです。

今年二月の末娘の受験の折に、「験がイイから持っていき」と渡したときに10分遅れているのに気付き、慌てて別の時計を持たせました。

時折10分程度の遅れだったのが、今日は半日遅れています。時計屋さんに持って行ったら大修理が必要との事。残念ですがこれで引退です。

三十年間お疲れさまでした。

今日は先帝陛下のお誕生日。すっかり遠くなった昭和に思いを馳せる日でした。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 

 


コメントする

琵琶湖

近くに住んで毎日眺めていながら琵琶湖がどうして出来たかを知らずにいました。

偶然読んでいた脳科学者の養老猛さんの著書(昆虫の本)に書かれていました。 道州制と云う言葉がありますが、本州は元々東北、関東、中部、近畿、中国の五つの島が地殻変動で一つに繋がって今の形が出来たのだそうです。

ちょうど現在の滋賀県周辺で中部島と近畿島と中国島がぶつかって、その隙間が琵琶湖になりました。対岸が見えているのに水深が百メートル以上あるのもそういう成り立ちからだと分かるとうなずけます。 そんな事から、滋賀には今でも遺伝子的に系統の違う「ふんころがし」が三種類生息しているのだとか。

ひょっとすると人種も違ったりするのかも知れません(笑)

 


コメントする

今日はビールの日

さぁ今日はビールを飲むぞぉ~と宣言している訳では無く…(笑)

4月23日は1516年にドイツでビール純粋令という法律が施行された記念日です。

この法律は今でも生きていて、ドイツではビールに麦芽とホップ以外の材料を使用してはならない事になっています。

私はヴァイスビア(Weißbier)と呼ばれる白ビールが大好きですっかり虜になっています。ヴァイス(白)はバイエルン州での呼び方で、他の地方ではヴァイツェン(Weizen)と言われています。小麦粉から作られたビールでとてもフルーティな味です。

瓶の中に酵母が生きたまま沈殿しているので、グラスに注ぐ時は少し残して瓶を振り酵母が残らないようにするのがコツです。また、振る事でとてもクリーミーな泡ができます。瓶一本500mlが丸ごと入るグラスが理想です。

などとウンチクを書いていたら白ビールが欲しくなってきました。やっぱり今日はビールにします(笑)

CIMG7700

手に注げました。今日は満開のマンサクを愛でながら頂戴しました。

このグラスはわが家の元居候、ニール教授が去年遊びに来た時にプレゼントしてくれたものです。(さすがドイツ製!)

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 


コメントする

大津プリンスホテル25周年

琵琶湖のほとりにランドマークのように立つ大津プリンスホテルは1989年4月22日オープン。

本日めでたく開業25周年をお迎えになりました。一出入り業者として記念祝賀会にご招待いただき参加してまいりました。

画像

総勢600名の参加があったそうです。大盛況でした。

実は私、25年前の開業のレセプションにも参加させて頂きました。この中に両方出られた方はどれくらい居られるのかなぁ~と思いながら眺めていました。しかし、25歳が50歳になるのですから、本当に時の流れは早いものです。

画像

 

おみやげに、紅茶ケーキとガトーショコラを頂きました。重ね重ねありがとうございました。

益々のご発展を祈念しております。

弊社製品は大津プリンスホテル1F売店でもお買い求めいただけます。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 


コメントする

軍艦長門の生涯

51sL+Oy1A9L

上中下、三巻の大作でした。

長門の生涯とあるものの、実に壮大で詳細な大正・昭和史でした。

阿川さん、園遊会で昭和の陛下に

「今は何書いてるの?」と訊ねられ

「陛下のお召艦でもありました長門を書いてをります」

「あぁそう」

二三歩進まれた陛下が振り返られ、さらに

「そうそう、志賀は残念だったね」

とお言葉を頂いて涙が溢れて何もお応えできなかった、とエセイに書いてをられた事を思い出しながら読んでいました。

司馬先生がお亡くなりになった後、代わりに文芸春秋のコラムを書かれて以来のファンです。当時、歴史的かな遣いを斬新に感じた記憶があります。小説では海軍もの、特に三国同盟反対、日米開戦反対派を書かれた「米内光正」「山本五十六」「井上成美」の三作品が好きです。

我が家の長女は最後の海軍提督井上成美と同じく、論語 願淵の 「君子は人の美を成す、人の悪を成さず」より成美と名付けました。 娘はまだまだ自分の事で精一杯の様子。人の良いところを伸ばすと云う域には達していませんが、いつか人の役に立つ人になって欲しいと願うばかりです。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

花フェスタ

毎年、春秋になぎさ公園で開催されている花フェスタに行ってきました。

画像

親しい友人の堅田の「花利」さんも毎年出店しておられます。

去年の春に購入した花がすっかり弱ってきているので、花壇をそっくり入れ替えるつもりで大量に仕入れてきました。

たくさんおまけして頂きました。今西さんありがとうございました!

画像

掘り起こして、元肥を入れて、土を足して植え付けが完了しました。

画像

ちゃんとしたセオリーを知らないので、エエ加減なものですが、取り敢えず背の順に植えました。

画像

このビールを飲むために汗を掻きました^^

植えた花を愛でながら、フェスタで仕入れて来た白ビールとスペアリブとソーセージで一杯!

飲み始めた途端雨がパラパラと・・・(泣) でも、至福の時間でした。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 

 


コメントする

二層式洗濯機

昭和のにおいのする懐かしい型の洗濯機をゼリーの冷却用に購入しました。まだ新品で売っていました。

琵琶ゼリーは殺菌時に細かい気泡が発生します。殺菌後は流水で一気に冷やすのですが、じっと置いておくとどうしても気泡が上部の一所に集まって非常に見栄えが悪くなってしまいます。今までは手でぐるぐるかき混ぜながら冷やしていたのですが、ついつい忘れたり十分に撹拌できずになってしまうことがありました。

そこで、閃いたのが二層式洗濯機。蛇口を捻るだけで水量も調整できるし、冷えて固まるのを確認できるまで好きなだけ動かしていられます。

画像

 

もう一つのゼリー、ヨグベリーも殺菌時に乳成分が分離して大理石模様のようになってしまいます。同じく冷却時に撹拌していたのですが、こちらも楽になりました。

画像

必要は発明の母といいますが、色々悩んでいると困った末に良いアイデアが浮かんでくるものですね。おかげさまで今日のゼリーづくりはとても順調でした。

びわ湖・大津 大忠堂のホームページ トップに戻る