杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

魞舟(えりぶね) 其の二

コメントする

先週、生姜煎餅の魞舟の事を書きましたところ、たくさんの反響を頂きありがとうございました。

今日はその続き、魞舟の生地を練るプロセスをご紹介したいと思います。

画像

高知県から届いた生姜をザクッと刻みます。

画像

少しずつフードプロセッサーにかけていきます。

画像

こんな風に細かくなるまでじっくりと…

画像

木綿の袋に入れ搾ると生姜汁がたっぷり出てきます。6kgの生姜から4kgの汁が取れます。

 

画像

小麦粉、砂糖と合わせてミキサーで練ります。

画像

搾什器が欲しいなぁ…とあちこち検索しています。

フレーバーや添加物を使用せず、素朴な材料のみで昔ながらの味をそのままにご提供しております。

機会がございましたら是非ご賞味ください。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中