杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

山本周五郎さん

コメントする

ここ一年ばかりの間、取り憑かれたように山本周五郎さんを読み漁っています。

晩年の時代物で「家に帰ったのは午後十時を回っていた」みたいな表現が多く、不思議に思っていたのですが、今回借りて来た昭和十年代の短篇集ではちゃんと「四つ、六つ」と書いておられました。

51S5XG7E47L江戸時代の時刻は現在と違い夜明けと日の入りを基準にした「不定時法」です。

夜明け前、星が見えなくなる時刻を「明け六つ」、日が暮れて星が見える時刻を「暮れ六つ」とします。そして、それぞれの間を六等分し、

明け六つ⇒朝五つ⇒昼四つ⇒九つ(正午)⇒昼八つ⇒夕七つ⇒暮れ六つ

暮れ六つ⇒宵五つ⇒夜四つ⇒真夜九つ(午前零時)⇒夜八つ⇒暁七つ⇒明け六つ となります。

つかう数字が九つから四つなのは陰陽の考えによるものだそうです。

また、十二支を使った辰刻では、真夜九つ=午前零時が「子」の刻で、子・牛・寅・・・と順に進んでいきます。明け六つが「卯」の刻、暮れ六つが「酉」の刻になります。

そういえば、落語で「六つ七つ八つ、今何時だい?」「九つで」なんていうお噺がありました(笑) 雑学でした。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中