杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

最後の自作PC

コメントする

初めてPCを組み立てたのは’97年でした。

寺町の電気屋さん街でマザーボード、CPU,ハードディスク、メモリ、サウンドボード、ビデオボード、ケース…などなどを買い集めて組み立てたものが動いた時、それは嬉しかったものです。メーカー製のPCが20万円近くした時代でしたから、相当安くで出来上がった記憶があります。

実際の組み立てはプラモデルより簡単、パーツ同士をしっかり繋いでいくだけで、必要な工具はドライバー一本だけです。

以来五台くらいは作って来たでしょうか、最後のPCはもう十年近く前のものでOSはXPでした。三年ほど前にリタイアしてバックアップ用として待機していたのですが、もう使う事もなさそうなので家電無料回収に持って行って貰いました。長年お疲れさまでした。

K0010181

マザーボードとCPUの相性の問題があったり、モデムやLANカードの割り込み要求が衝突したり…いろんな苦労がありました。最近はLANやビデオボード等も最初から組み込まれているものが多く、随分楽になりました。

それにしてもパーツ代の合計よりもメーカー製のPCの方がずっと安くなって、OSも入ったものが二万円代で買える時代になりました。これではリスクを負って組み立てようとは思えません。良い時代に良い経験が出来ました。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中