杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

目から鱗が落ちる

コメントする

同級生のお薦めで最近すっかり宮部みゆきさんのファンになってしまいました。

多くの作品が映画化、ドラマ化されていて、先日も「おそろし」が全五話であったばかりですが、先週から「ぼんくら」が全十話で始まりました。こちらはまだ原作を読んでいないのでどちらも楽しみです。

bonkura

NHKウェブサイトより

第二話で岸谷五郎さん扮する主人公の町方同心が

「お徳の目から鱗が落ちたってわけだ」

と言ってしまいました…。新約聖書で盲目の男がイエスの奇蹟で目が見えるようになった事から生まれた言葉で、キリシタン禁制の江戸時代にはもちろんこんな言葉はありません。

かの山本周五郎さんも「自由」とか「権利」「義務」なんて言葉を使っておられましたから、今の意識で昔の事を書くのはやはり相当難しい事なんだろうと思います。

とは言え、物語の面白さには全く変わりはございません。念の為。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中