杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

宮沢賢治

コメントする

宮沢賢治の本があったら貸してほしい、と娘に頼まれました。

嬉しい事を言ってくれます。「あるある!」とお気に入りの一冊を本棚から出してきました。

kenji

そんなに広い知識がある訳ではありませんが、賢治さんはおそらく最高の作家だと思っています。

まるで、彼の頭の中にある言葉が飛び散って宇宙まで行って地上に降り注いできたような、そんな輝きを感じます。

昔、青年会議所の全国大会で盛岡に行ったとき、司会が高橋 圭三さんでした。式典を抜け出し、近くの喫茶店でお茶を飲んでいたら、偶然式典を終えた高橋さんと同席しました。

賢治さんが盛岡農林学校に勤めていた時代に、きっと自分の家の前を通っておられた筈だ。とおっしゃっていました。もちろん賢治さんは当時無名だし、面識もありませんが子供の頃の自分は何度かすれ違っていたに違いない。と確信を持っておられました。

イメージではもっと大昔の人なのですが、案外近いところにおられたんですね。

娘は十二月にあるコーラス部の定期演奏会で賢治さんの詩を唄うのだそうです。心待ちにしています。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中