杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

今年のランキング

いよいよ押し詰まってまいりました。

大体の仕事は片づけ、大掃除も済ませました。今年も一年間ありがとうございました。

今年間読んで印象に残っている本を振り返ってみました。

無題

一位は一月にお亡くなりになった小野田さんの回想録。三十年間の孤独な戦いを鮮明に著述しておられます。偉大な日本人の記録です。
二位は阿川弘之さんの軍艦長門の生涯。長門を中心とした壮大かつ詳細な大正、昭和史でした。

三位は代表して「花も刀も」を挙げていますが山本周五郎さん全般です。今年は周五郎さんを読んで他を読み、また周五郎さんに戻る事の繰り返しでした。何年経っても良いものは良いんですね。あともう少し楽しませて頂きます。

新作はひとつもなく、どれも古い本ばかりで恐縮ですが、もし何かの機会に手に取って頂ければ幸甚です。

さてさて、自治会の夜警も今日が最終日。拍子木を打って「火の用心」に町内を回ります。

K0010216

ご愛読いただいている皆様にはどうか健やかで佳き年をお迎えください。

来る二十七年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

大忠堂 森本 拝

広告


コメントする

五十歳になりました

かつては人間五十年、平均寿命もそれくらいでしたが、現代においてはまだまだ「ひよっこ」です。

孔子様のおっしゃる「五十にして天命を知る」には遠く及ばず、「四十にして惑わず」も怪しいところです。

「三十にして立つ」ぐらいがちょうど当てはまっている感じがしています。。。ので、三十歳の誕生日を迎えた気持ちで六十まであと三十年、改めて頑張ってみようと思います。

これまでお世話になったのたくさんの皆様への感謝と、これからもよろしくお願いしますとの気持ちを込めて五十代の新たな門出の誓いとします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

10891714_10205636110127156_4203765122717340183_n

親友のケーキ屋さんからいただいた「めで鯛パイ」で家族に祝ってもらいました。


コメントする

恒例の第九に

びわ湖ホールへ年末恒例の第九を聴きに行ってきました。

今年は指揮:大植英次さんの大阪フィル。すごくタメがあってとてもゆっくりな演奏でした。これが指揮者の個性なんですね。

それと、バリトンとバスのソリストが入場してくるときに、ベートーヴェンを模して、何やら悩みながらステージ上をうろうろされ、シラーがアドバイスを与えるようなパ珍しいフォーマンスもありました。素晴らしいコンサートでした。

K0010215忙しくなりそうなラストスパートに栄養補給ができました。


コメントする

さすが日本!

少し前の事ですが、我が家の居候ベンちゃんに元気がなく、

「How are you?」 と声を掛けても 「Not so good.」 と返ってきました。

なんでも酔っぱらって帰り道に財布を落としたのだそうです。外国人登録証、免許証、定期券など貴重品がいっぱい入っていて、はてさてどうしよう・・・と、途方に暮れていました。

しかし、「ここは日本。警察に行ってみよう!」と近所の交番を訪ねてみると、ちゃんと届いていました。さすがです。拾って届けて下さった親切な方、本当にありがとうございました。

話は変わりますが、英語の授業の始まりには「How are you?」 「Fine, thank you. how are you?」 のお決まりのやり取りがありました。

彼が言うには「Fine」は最高の状態を言うので、普段は「Good」くらいで良いそうです。定型文がしっかり頭に残っていて、外国でお医者さんに行って「How are you? 」と聞かれ「Fine, thank you」 と答えた人がいるとかいないとか…笑

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

宮沢賢治の最後の手紙

日曜日、娘の所属するコーラス部の定期演奏会に行ってきました。

真面目なクラブでヒット曲やクリスマスソングなどは全くありません。。。基本はミサ曲、讃美歌など宗教色の強い歌を唄うクラブなのですが、今年の演奏会では宮沢賢治の作品に曲を付けた歌を唄ってくれました。

ひとつは有名な「永訣の朝」、そしてもう一つは賢治さんが死の十日前、かつての教え子に宛てた手紙でした。

この手紙を読んだのは初めてでしたが、単なる手紙とは思えない、それはそれは素晴らしい文章でした。

「風の中を自由に歩けるとか、

はっきりした声で何時間も話ができるとか、

自分の兄弟のために何円かを手伝えるとかいふやうなことは

できないものから見れば神の業にも等しいものです

・・・・・・・中略・・・・・・・・

上のそらでなしに、しっかり落ちついて、一時の感激や興奮を避け、楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きていきませう」

kenji

死の床にあっても教え子に前向きな道しるべを据え、明るく未来を照らす文章でしたが、最後は

「生意気な事を書きました。病苦に免じて赦してください」

と締めくくってありました。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

みもすパン工房さん

大津駅構内、改札口のすぐ隣にとっても美味しいパン屋さん、みもすパン工房さんがあります。

本日から同店でジャムを販売して頂くことになりました。

IMG_0109

念願のパン屋さんへの展開です。

実は大津駅には大津の名店が集まった「名店街」、JRのキオスク、そして駅の横には平和堂、と大津の物産お土産を買える處が何か所かあったのですが、全部閉店してしまい観光客や利用者から不便だとの声がたくさん上がっていました。

まちづくりに熱心に活動しておられる龍谷大学の竺先生が、こんな事ではいけないと「みもす」さんにお土産の販売スペースを設けるように声を掛けて下さいました。お土産物の取り扱いは駅との協議があるそうで未だ決定していませんが、ついでにご紹介したジャムを気に入っていただき今回の販売に繋がりました。

P1020422配達スタッフに頼んで美味しいパンを買ってきて貰いました^^

みもすパン工房さんではブルーベリー、いちご、メロン、琵琶の各種ジャムを販売頂いております。

機会がございましたら是非ご利用ください。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

びわ湖バレイへ

スノーボードではありません(笑)K0010213

山麓は冷たい雨が降っていました。今シーズンびわ湖バレイさんのオープンは今週の土曜日十三日です。先日来の寒波で山頂に積雪はありますが、もう少し積もって欲しいところです。

こちら、京都東インターから約四十分で行けるとても便利な立地の割に、たくさんのコースを備えた本格的なスキー場です。個人的にはシーズンパスも購入し、時間が出来たらちょくちょくお邪魔しようと思っています。

今日は今期の冬物商品の納品にお伺いしてきました。売店には地域の名産品の他、ウエアやゴーグル、グローブなどスキーグッズも所狭しと陳列されています。

スキーに行って、会社の同僚や学校の友達に配るお土産にたくさんご利用頂いています。今年もいろいろと取り揃えておりますので、びわ湖バレイさんにお越しの際は大忠堂のお土産もよろしくお願いします。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る