杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

二十年ぶりの再会

正月二日は実家で兄妹、甥姪たちが集まって恒例の新年会です。

今年は父の古い友人、スリーダーラさんがインドから訪ねて来て下さり賑やかな宴会になりました。

IMG_20150102_201807

両親はインドのお宅にお邪魔したりもしているのですが、私が最後にお出会いしたのは’95年でした。当時はジャパンフォウンデーションの基金で立命館に来ておられるところでした。今回は教授になって二度目の来日です。

実は、私が初めて英語で会話したのはこの方なんです。当時と比べて少しはレベルアップしたでしょうか??

五月には奥さんとお嬢ちゃんが訪ねて来られるそうです。キッチン付きの宿を探してほしいとの要望に、べんちゃんが「あるある。知ってるよ」と心強いサポートを約束してくれました。旧交を温め、またイイ広がりの持てた良い一日になりました。

広告


コメントする

あけましておめでとうございます

みなさま新年あけましておめでとうございます。

昨年はおかげさまをもちまして大変充実した年を過ごせました。本平成二十七年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

10891694_10205674555888276_5182432024961949926_n

しかしまぁ元日の夕方からびっくりするくらいの大雪の新年になりました。

外出を控えた方が多かったらでしょうか、車も少なくしんしんと雪の降る静かな元日となりました。大雪のおかげでご家族お揃いでお正月らしいお正月をお迎えになられたのではないかと思います。

以前にこのブログでも紹介しましたアフリカでチーター保護活動をしておられる友人の家原裕子さんが、保護区に張る電磁線の基金集めに南アフリカワインの販売をしておられます。売り上げの一部が基金に入ります。我が家も年末にセットで購入しました。

P1020451

ボキャブが貧困で、ワインを愛でるのに「おいしい」か「すごくおいしい」くらいしか表現を知らなないのですが、手前左のドルニエは昨年も購入して、あまりのおいしさに名前を憶えてもう一度買おうと思った初めてのワインです。

そんな訳で雪をめでながらの雪見酒。まぁなんだかんだと理由をつけて新年から飲んでをります。。。(笑)

この雪で庭のマンサクが一本折れてしまいました。

降り積もる 深雪(みゆき)に耐へて 色変へぬ

松ぞ雄々しき 人もかくあれ

昭和天皇のの御製を思い出したお正月でした。

今年もおヒマがありましたら、ちょくちょく覗いてください。よろしくお願いします。