杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

羊羹 「帚木(ははきぎ)帖」 を始めました

帚木の心をしらで園原の 道にあやなく 惑ひぬるかな  

信州の園原にある帚木は遠くからは見えるが近づくと消えてしまうという伝説の木。

光源氏が思いを寄せる空蝉に、遠くからは見えるけれど近づくと姿を消してしまう帚木のようなあなたをたずねて、とうとう園原の道に迷ってしまいましたよ。と詠めば空蝉は

数ならぬ 伏屋に生ふる名の憂さに 心もしらで消ゆる帚木

数ならぬ身の私は、伏屋に生える帚木の名を恥じて、いるにもいたたまれず消えてしまいたいのです。と返しました。

なんとも雅なやりとりですが、石山寺で紫式部がしたためた源氏物語。その第二帖の「帚木」にちなみ、煉り羊羹と栗羊羹の製造を始めました。何度も試作を重ねて味を調えてきましたが、量産体制では今日が初めての製造でした。

K0010255

寒天を煮詰めます。

K0010256

煉り羊羹には漉し餡を入れ、水飴を加えます。

K0010257

栗羊羹には栗餡を入れ、水飴を加えます。

K0010260

ひとつずつ袋に入れてシールしていきます。

K0010261

冷めたら箱に入れて完成です。 茶色が煉り羊羹、黄色が栗羊羹です。

源氏物語の風情を今に伝える「帚木帖」、機会がございましたら是非お試しください。

Design(税込表示)

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

ドイツビール

日本のビール会社は、アサヒ、キリン、サントリー、サッポロ、他に地ビールなどを作っている処もありますが、ほぼ四社の寡占状態と言えます。 では、ドイツには何社あるか?と云うと、実に千二百社以上! そしてビールの種類は約五千に及びます。

昔は教会でビールを醸造していたという歴史もあるからだと思いますが、それにしてもビール会社がそれぞれの街に一つあるような感覚です。 またドイツには1516年4月23日に定められた”ビール純粋令”と云う法律が今でも健在です。この法律によってビールは麦芽とホップと酵母しか使ってはならない事が定められ、現在でもしっかり守られています。ちなみにこの法律を記念して4月23日は”ビールの日”になっています。

感心するのは、ドイツの方々は本当に自分の街のビールが大好きで、とても大切にしておられるところです。大メーカーによる寡占状態にならないのは地域の人々のこういった支えがあるからかも知れません。

そんな数あるビールの中で私が好きなのは、大津市と姉妹都市のヴュルツブルク市のユリウスエヒターという白ビールです。白ビールは原料が小麦で、瓶内には酵母が生きた状態で沈殿しています。グラスに注ぐ時は酵母が全部出るように、瓶を振って二三回に分けて注ぎます。とてもフルーティーで濃厚で豊潤で深みがあって・・・とにかく美味しいビールです。

CIMG7700

このビール、日本国内では由美浜にあるドイツレストラン ヴュルツブルクでしか取り扱っていません。機会がございましたら是非お試しください。お持ち帰りも可能です。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

舞台 曇天に笑う

二月十九日~三月一日 天王洲銀河劇場に於いて、「舞台 曇天に笑う」の公演があります。

曇天に笑うは月刊誌に連載されていた漫画が、昨年アニメ化されたもので、今回この物語が舞台で上演されることになりました。

お話は明治初期、反乱士族を収容する監獄が琵琶湖の湖上に作られ、大津にある曇(くもう)神社の曇三兄弟が護送の役目を担っていました。おりしも三百年に一度と云う曇天が続く中、この三兄弟を中心に物語は展開していきます。

K0010249

物語の舞台が大津ということでご依頼を受け、この公演に合わせてオリジナル煎餅をお作りしました。公演期間中会場内で販売する予定です。機会がございましたらお芝居もお煎餅もお楽しみください。

キャスト、チケットの案内など詳しくはこちら公式サイトをご覧ください。http://www.dontenniwarau.com/theater/

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

「やばい」「まじ」「うざい」…汚い言葉は使わない

子育ての話になったら、いつも一番大切なのは「言葉遣い」と答えています。また、それを心がけてきました。

人並み以上の事はしていませんので何も偉そうには言えませんが、考え方、行動、人間関係全ての元になるのは「言葉」だと思っています。

譬えば感情。言葉がなかったら人間には原始的な「喜怒哀楽」しかありません。喜び一つとっても、「歓喜」「悦楽」「愉悦」「狂喜」、「心が躍る」「有頂天」…と色んな種類の喜びがあります。これらはもし語彙がなければ存在しない、理解し得ない感情になってしまいます。ですから一つはボキャブラリーを増やすと云う事。ひとつの事象を的確に言い表せるようになる事が大切です。

それからもう一つは汚い言葉を使わないと云う事。「やばい」は江戸時代の博徒の言葉ですし、「まじ」は遊郭の言葉です。「うざい」は奥多摩地方の方言「うざったい=鬱陶しい」を若者っぽく変化させたたもの。何れも良い言葉とは言えません。ですから子供たちには「もし街でやくざに追いかけられたら、その時は『やばい』を使ってもいいよ」と言っています。笑

ただ、いつの時代も若者は悪い言葉や新しい言葉を使いたがるし、仲間内だけで通じる隠語も多々あるものです。それは誰もが通る道で、それを全部ダメだと言うつもりはありません。ただ、親が繰り返し言い続けているとそれは必ず頭の片隅に残っているはずです。そんな言葉を使う場面になった時に、ちらっと親の顔が脳裏をよぎってくれたらそれでいいと思っています。わが家でも「やば…」までで止めている姿をよく耳にします。

知り合いに、どんな言葉が汚い言葉なのかわからない、と訊かれたことがあります。大雑把に言うと音が汚い言葉は概ねよくないのではないかと思いますが、そんなに厳密に考える必要はありません。口に出す前にどうかな?と一瞬考えるだけで随分変わってくるのではないでしょうか。

「言霊」と言うように、言葉はやはり大きな力を持っていると思います。


コメントする

びわ湖バレイに行ってきました

建国記念日明け、木曜の午前中に我が家の居候べんちゃんとびわ湖バレイに行ってきました。

DCIM100MEDIA

パレットの前田さん(左端)と二週続けて出会いました。

彼は日本に来てからスノーボードを初めたのですが、三年前に白馬で一冬過ごして、すごく上手になって帰ってきました。

十年程前からオーストラリア人が北海道の良さに目を付け、大勢の方がスキー&スノーボードに来ていますが、北海道がいっぱいになってきて、雪質が良く、アクセスも良い事から、近年は白馬にもたくさん訪れています。

ホテルや各施設では英語の話せるスタッフが不足していたので、友達に誘われ昼はスノーボード、夜はホテルで働いていたそうです。その間、彼がコーディネートしてくれて一度家族で遊びに行きました。(残念ながら雨でした。。。)

彼はその後「Kyoto fun」というFacebook上のサイトでカメラマンをしています。京都の良さを海外の人々にPRすると云うサイトで、ベンちゃんにはピッタリの仕事です。

https://www.facebook.com/discoverkyoto  アカウントをお持ちでしたら是非ご一度覧になってください。

べんs

私のお気に入りの一枚です。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

琵琶湖ホテル パートナーシップ

お得意様の琵琶湖ホテルでパートナーシップ新年懇親会がありました。

こちらのホテルでは出入り業者を「パートナー」と呼んで下さっています。この一言で分かるように、対等な関係の中でともに成長し利益を伸ばしていこうと云う姿勢がはっきりと打ち出されています。ありがたい事です。

こちらの懇親会でも従業員の方が「芸」を披露したり音楽を奏でて頂いたりと、おもてなしの気持ちが伝わってきます。今年の新年会では「大津絵踊り」が披露され、そのおかげでしょうか、参加の皆様へのおみやげには弊社の大津絵煎餅をご利用賜りました。

10945598_10205978051115467_2119824953984733875_n

実は先週、結婚二十四年の記念日にパートナー優待の宿泊券を利用させて頂いて家内と二人でのんびりしてきました。食事もサービスもお部屋もさすが!と思うほどクオリティーの高さを楽しませて頂きました。天皇陛下がお泊りになるだけの事はあります。

機会がありましたら是非ご利用ください。


コメントする

新しい「おもちゃ」が届きました

Amazonでポラロイド社製のウエアラブルカメラを購入しました。

K0010251ヘルメットマウントキットやバイクマウントも付属していて完全防水。スノーボードにピッタリです!

ちょっと目立つので気恥ずかしかったのですが、びわ湖バレイに行ってあれこれ録画してきました。水曜日はお友達のケーキ屋さんがお休みなので来てはるかなぁ?と思っていたところ、二三本滑ったところですぐ会えました。

初めての経験でしたが、動画をYoutubeにアップしてみましたので、お時間がありましたら一度ご覧になってください。

youtube

びわ湖バレイは家を出発してからちょうど一時間で山頂に着けます。体力的に三時間も滑ればもう限界。お昼過ぎにはもう帰ってこられる本当に便利なスキー場です。こちらも機会がありましたら是非お訪ねください。

お帰りの際には山麓駅「ローカルマーケット」でおみやげもお忘れなく。滋賀特産の商品を数多く揃えておられます。