杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

羊羹作り

コメントする

ご好評いただいております「帚木帖」煉り羊羹と栗羊羹を製造しました。

羊羹はアルミ箔の袋をボール紙の容器に入れて、そこに流し込んで作ります。

製造の前の下準備には、その羊羹袋をぴっちりと広げて並べます。

K0010318

柔らかい袋を四隅まで広げるのには、袋の大きさに合わせて切ったヒノキの角材を使っています。

角が欠けて混入したりしないように、角は全てペーパで丸みを付けました。

K0010319

羊羹を流してシールした後、放っておくと重力で羊羹が下に下がり、下膨れになってしまいます。

コンテナにきっちり並べて、余った分は家具の転倒防止器具で押さえます。これで直方体に固まります。

K0010322

源氏物語にちなんだ羊羹、お味は素朴な煉り羊羹と、栗羊羹の二種類をご用意しております。

機会がございましたら是非ご賞味ください。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中