杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

びわ ホール

梅雨に入ってじめじめと鬱陶しい季節になりました。

こういう時期はさっぱりと冷たいゼリーが喜ばれます。

IMGP2883

びわの実が丸ごとはいった「琵琶ゼリー」御贈答やおみやげにたくさんのご利用を頂いています。

こちらには天狗さんの缶詰のびわを使用しています。

K0010454

びわ ホール

果実が丸ごと、と云う意味でホールと書かれていますが、一目見るとどうしても「びわ湖ホール」と読んでしまいます(笑)

地元のオペラハウスの名前が目に馴染んでいるからなんでしょう、滋賀県民あるあるかも知れません。

今年は冷害で収穫量が例年の八割減だそうです。値段は急騰するし、なかなかモノも回って来ません。弊社でも少ないビワをちょっとずつ使いながら繋いでいるような状態です。

御用命の際はお早めにご註文を頂きましたら幸甚です。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 


コメントする

大津はつらつ寄席

滋賀県出身の落語家、桂三風さんが主宰する寄席が近くの伝統芸能会館で開催されました。

K0010453

能舞台での落語と云う事で、横からの視線に出演者のみなさんも戸惑っておられましたが、そこはやはりプロ。

古典や新作を面白く熱演しておられました。中でもトリの笑福亭三喬さん演ずる「おふみさん」は古典の名作。

若旦那がお妾さんとの間に作った子どもを捨て子として引き取る芝居を打ち、乳母が要るからとそのお妾さんを雇おうと企むおはなし。

間近でみる迫力のある話術に大笑いした一日でした。次回は来年一月に”大津伝統芸能会館”で開催されます。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る