杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂

TOEIC

コメントする

高三の娘に勝負を挑まれTOEICを受けてきました。五年ぶりです。

17264507_10212274278197209_5956257871390069468_n

於:滋賀短大

 

前回はリスニングが出来てリーディングが出来なかった記憶があるのですが、今回は逆でした。随分スコアを落としたように思います。。。周りには「ちょっと難しくなってる」なんて言ってますが、単に英語力が落ちただけの話です(笑) もう少し、勉強して出直します。

大好きな三遊亭圓生さんの掛軸「そば清」が手に入りました。

IMG_0132

そば清

そば賭けで小遣い稼ぎをしている清兵衛さん。

旅の途中で人を丸呑みした”うわばみ”がお腹を膨らませて苦しんでいるのを目撃。大蛇は脇にあった草を食べるとみるみるお腹がへこみ、すいすい藪の中へ消えて行きました。

その草を持って帰った清兵衛さん、盛りそば七十枚五両の賭けをした時にはさすがに苦しくなり、「ちょっと休憩を」と部屋を出て件の草を食べたのですが…

あまりに帰りが遅いので皆が見に行くと、そばが羽織を着て座っていた。

その草は蛇眼草といって人間を溶かす草だったのだそうです。

有名な古典落語で、志ん生も馬生も志ん朝もこぞって演じているのですが、どういう訳か圓生さんのそば清が見当たりません。持ちネタの多い事で有名な方で、こんな掛軸も残しておられるくらいですから無い筈は無いと思うのですが… もし、御存じの方があればぜひ教えて下さい。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 

 

 

広告

作成者: 森本 喜章

大忠堂代表取締役 滋賀県大津市、琵琶湖のほとりで日々材料を厳選し、真心を込めてお菓子を製造しています。 ご贈答や旅の思い出としても皆様に喜んでいただけるよう、地域に特化した商品作りを心掛けてをります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中