杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

お伊勢さん菓子博

お菓子の業界が四年に一度開いている全国菓子大博覧会。今回は伊勢での開催です。

450

二見が浦の近く、伊勢サンアリーナが会場です。

大津菓子組合のみなさんと一緒に見学してきました。

IMG_0223

会員のお菓子が都道府県別に展示されています。弊社は源氏物語羊羹「帚木帖」を出品致しました。

IMG_0226

このあと、外宮、内宮とお参りさせて頂きました。

神宮はいつも厳かで清らか、なんとも言えない静謐な空気が漂っています。今回は新緑の萌える匂いに新しい生命の息吹を感じてきました。

IMG_0250

内宮(皇大神宮)正宮

伊勢神宮と云うのは通称で、「神宮」が正式な名称です。また、内宮と外宮が有名ですが、別宮、摂社、末社、所管社を含めた、百二十五社宮を合わせて「神宮」と呼ぶのだそうです。

二千年以上も続く神宮、日本人が長年国の平和を願ってきた思いが伝わって来ます。二千年先も同じ姿で鎮座ましまして下さるよう祈念しております。

IMG_0245

途中、神宮徴古館を見学しました。こちらには式年遷宮で「撤下」された御装束神宝などが展示された美術館。荘厳な雰囲気でした。

IMG_0256

赤福本店はいつも大繁盛です。赤福餅二つとお茶を頂いて一人二百十円。

IMG_0257

帰りは近鉄特急しまかぜで京都駅まで。ゆったりした本革シートでゴージャスで快適な旅でした。車中で渡部昇一さんの「知的生活の方法」を読了しました。至福の時間でした。

いろいろ見学してきた事を日々の業務に活かしていきたい、と思いを新たにしています。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 


コメントする

ちゅうずドリームファーム

銀行さんにご紹介をいただいて、今年からちゅうずドリームファームさんとお取引が始まりました。

送って貰ったブルーベリーは粒が大きくてぷりぷり!

img_0034

とても美味しいジャムに仕上がりました。

http://sanchoku55.com/shiga/sanchoku/299/

他にも、野洲の南農園さんからもブルーベリーを頂いています。

また、いちごは野洲の南出農園さん、トマトは近江八幡の浅小井農園さん、緑茶は土山の日本緑茶さんとジャムの原材料はすべて地元の農産物を利用しています。機会がありましたら是非ご賞味ください。

全く話は変わりますが…

16143004_10211798056011952_3941656278709255889_n

私、落語が大好きなんです。工場(こうば)でも一日中落語が鳴っていて、みんなでクスッと笑ったり、ジーンと来たりしながら製造しています。先日近所の伝統芸能会館で恒例の”大津はつらつ寄席”がありまして、家内とパートのおばちゃん達と一緒に聴きに行ってきました。やっぱり生はすばらしい。大いに笑ってきました。

特に好きなのは上方では米朝さんと枝雀さん。江戸では圓生さんと志ん朝さん。みなさん既にお亡くなりになっていますが、やはり名人は違います。

先日、圓生さん肉筆の掛軸が手に入りました。

img_0027

タイトルは”めだか”

拡大すると

img_0024

墨で上手に描いておられます。

一芸に秀でた方はやはり違いますね。

じっと見入って昭和の名人に思いを馳せています。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

JR西日本冬のキャンペーン2016/’17

K0010490

我が家の居候、べんちゃんがJR西日本のキャンペーンで車内吊りポスターのモデルになりました。

上賀茂神社で笙を吹いています。着ている着物もすごく高級なものだったそうです。さすがJR。

彼の本業はフォトグラファーなので、最初「僕の写真がポスターになる」と聞いた時は、てっきり彼の撮影した写真が採用されたのだと思っていました。

ご覧の通りの男前なので、なるほどモデルとしてでも十分納得です。益々活躍の幅が拡がって何よりです。

K0010484

信号待ちで、ちはやふる電車と並びました

今年もあっという間に師走になってしまいました。

皆様には今年も一年間何かとお世話になりましてありがとうございました。

来年も拙ブログ、大忠堂を宜しくお願い申し上げます。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 


コメントする

抹茶羊羹を作りました

”帚木帖”練り羊羹、栗羊羹につづき、今年三月から製造を始めた抹茶羊羹、お陰さまでご好評をいただいております。年末年始を控え、それぞれ製造致しました。

抹茶は加熱で色や風味が飛んでしまうのですが、天然素材のみから作られた横山香料さんのフロランティーヌは熱に強い抹茶の粉末で風味落ちを気にせず、安心して使用できます。

K0010485

湯気で曇っていますが加熱中です

仕上げにビタミンCを少し添加し、色と味をしっかり定着させます。

%e6%8a%b9%e8%8c%b6%e7%be%8a%e7%be%b9

Design

パッケージのデザイン

一本は約400g 税別で1200円です。機会がございましたら風雅なお味を是非ご賞味ください。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る

 


コメントする

ちはやちゃんタペストリー

毎年、競技かるた全国大会の舞台にもなっている近江神宮の勧学館。昨年、畳を新しくする事になって寄付を募っておられました。

弊社もほんの気持ちだけですが一口ご協力させて頂いたところ、お礼にと、ちはやちゃんのタペストリーを頂きました。末次由紀さんの書き下ろしだそうです。

K0010479

近江神宮はアニメでも映画でも重要な場面で使われていました。

ランチョンマットとしても使えます、と書いてありましたが、ちょっともったいないですね。

大切に飾らせて頂きます。

絵の中にもある楼門は、先月屋根の葺き替え工事を終えられました。銅板がぴかぴかと美しく光っています。酸性雨の影響もあり、すぐに緑色に変わってしまいますので見られるのは今のうちです。

ついでながら、神社の屋根は銅板、檜皮葺が一般的で、瓦は仏教と一緒に大陸から伝わって来たものなので原則的には使われていません。(ちょっと雑学です)

七五三、初詣と神社は益々お忙しいシーズンになります。参詣のおついでに宝物館にも是非お寄りください。弊社のちはやちゃんがお待ちしております。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

藻刈り舟

夏から秋にかけて琵琶湖岸にはたくさんの藻が打ち上げられます。

特に、台風の後などは風向きの加減もあるのでしょうか、一帯に藻が集まって異臭を放っています。

散歩がてらなぎさ公園を歩いていたら県の藻刈り舟”スーパーかいつぶりⅡ号”がサクサク藻を集めていました。

K0010476.JPG

前の部分がコンベアになっていて、たまっている藻をすくい上げていきます。

昔々、藻は貴重な肥料として使われていて、弊社の近所の現在は保育園になっている所も、かつては”藻揚げ場”だったと聞いています。

藻を刈る舟は”藻刈り舟”と呼ばれていたそうで、弊社の舟のお煎餅”えり舟”も昔は”儲かり”と語呂を掛け合わせて”藻刈り舟”として販売してたそうです。

大津祭が終わって一気に涼しくなってきました。

宵宮の深夜に大雨が降って、一時は心配しましたが翌日は快晴。お祭り日和でした。

p1030251

石橋山にお邪魔してきました

今年もたくさんの皆様に”ちま吉煎餅”がお世話になりました。

ありがとうございました。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

離型油吟味中…

お煎餅を焼く時に焼き型にひっつかないように塗布する油をあれこれ吟味しています。

型はなれが良いのはもちろんですが、酸化しやすい油を使うと製品が油くさくなってしまうので、酸化安定性が高い植物性のものを基準にしています。

しかし、安定性の高い油は”しゃばしゃば”した感じで離型の性質は今ひとつ。相矛盾する中でいろいろためしていたところ、油脂メーカーさんがお煎餅用の試作品を作ってくださいました。

K0010471

さっそく使用してみました。離型がうまくいき、表面がとても美しく仕上がりました。

あとは日数を経過した時の酸化の度合いです。製品を60日90日と経過させて調べてみます。

p1030241

試作品にも関わらず、きっちりと規格書、細菌検査の結果なども添付して頂きました。ありがとうございます。

良い原材料を厳選して、よりよい製品作りに努めてまいります。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る