杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

門田隆将さんの本

プロ野球から原発、戦争と守備範囲の広い門田さん。

今回は大東亜戦争を実際に戦った方々へのインタビューを中心とした三部作を読みました。

無題

悲惨な戦争は二度と繰り返してはなりません。主に大正生まれ方々の悲惨な体験に暗澹とした気分になりました。

それにしても、どうして絶対防衛圏が破られた時点で講和を選択できなかったのでしょうか。民間人もふくむ犠牲者は戦争後半に加速度的に増えていった事を思うと残念でなりません。兵站を無視した作戦や、特攻隊など大本営参謀の見境のない戦争継続の結果のみじめな敗戦。上手に幕を引けば憲法も変えられず、普通に軍隊もあるあたりまえの国でいられたかも知れません。

向後、日本が他国を侵略することは絶対にあり得ません。国際世論も、国内世論もそんな事は許しません。ですから、戦争になる可能性は攻めて来られた時、に限定してよいと思います。その時、「徹底的に戦いますよ」、「軍事同盟もありますよ」と云う姿勢の方が「話し合いましょう」「私たちは戦いません」と云う姿勢より抑止力になります。現実に即して考えていきたいものです。

集団的自衛権について議論がかまびすしかった頃、アメリカの友人何人かに「日本でこんな議論になってるけどどう思う?」と訊いてみました。

「自衛権は自衛権でしょ」、「自衛に集団も個別も無い」、「アメリカは強い軍隊を持っているので自国の防衛は容易である。集団的自衛権については考えたことが無い」

といったような答えが返ってきました。そろそろ「羹に懲りてあえ物を吹く」状態から脱皮していった方がいいと思います。

この本の中に、生き残られた方の文章が紹介されていました。失礼ながら要約させて頂きました。

「祖国が戦いに敗れそうな時、若者が命をかけて身を挺するのは当たり前だが、国が国民に死を求めるのには節度がある。特攻を命じるなどは狂気の沙汰で国の節度を超えている。

命令にたじろぎながらも高い精神で頭を高くして飛び立った男たちの姿をたたえる人々の悲しい受容は分かるが、事の本質は国家の無謀な狂気であり、特攻戦術は日本の歴史に残した汚点である。

戦争も国の政治の一つである以上、理性を必要とする。成算のない戦争の続行は責任回避そのもので、政治を担うものの国と国民に対する罪である。」

言葉もありません。己を捨て、公の為に尽くして戦った若者たちが、戦後は日本を支え発展させてくださったことにも改めて感謝です。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

山本周五郎さん

ここ一年ばかりの間、取り憑かれたように山本周五郎さんを読み漁っています。

晩年の時代物で「家に帰ったのは午後十時を回っていた」みたいな表現が多く、不思議に思っていたのですが、今回借りて来た昭和十年代の短篇集ではちゃんと「四つ、六つ」と書いておられました。

51S5XG7E47L江戸時代の時刻は現在と違い夜明けと日の入りを基準にした「不定時法」です。

夜明け前、星が見えなくなる時刻を「明け六つ」、日が暮れて星が見える時刻を「暮れ六つ」とします。そして、それぞれの間を六等分し、

明け六つ⇒朝五つ⇒昼四つ⇒九つ(正午)⇒昼八つ⇒夕七つ⇒暮れ六つ

暮れ六つ⇒宵五つ⇒夜四つ⇒真夜九つ(午前零時)⇒夜八つ⇒暁七つ⇒明け六つ となります。

つかう数字が九つから四つなのは陰陽の考えによるものだそうです。

また、十二支を使った辰刻では、真夜九つ=午前零時が「子」の刻で、子・牛・寅・・・と順に進んでいきます。明け六つが「卯」の刻、暮れ六つが「酉」の刻になります。

そういえば、落語で「六つ七つ八つ、今何時だい?」「九つで」なんていうお噺がありました(笑) 雑学でした。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる

著者のうさぎさんと良いご縁が出来まして、オリジナルのお煎餅を作らせて頂いてをります。

せっかくなので先月アマゾンで一部購入させていただきました。


なかなか一言で説明するのは難しいのですが、大雑把に云うと、望む姿と自分の波長を合わせる…。望みの叶った状態に感謝する事でエネルギーの波動を自分に引き寄せる、と云うような事を量子物理学の観点から書いて居られました。

昔からある言葉でいうと「言霊」もこれに当てはまるのかも知れません。「人を呪わば穴二つ」も悪い方の意味の例えになるのかと思います。とても興味深い一冊でした。

先日お会いした時に手持ちの一巻にサインをお願いしたら、今日はサイン入りの二巻をプレゼントしてくださいました。まさに正のスパイラルです。本当にありがとうございます。

皆様、機会がありましたら是非ご一読ください。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

上原恵美さんの本

元びわ湖ホール館長の上原さんが本を上梓され、直々に一冊プレゼントして頂きました。

31ogWAIzWlL

 

三十余年に亘って関わってこられた滋賀県の文化政策と、日経、産経、京都新聞に書いてこられたコラムなどを纏められた一冊でした。

平成四年三月の日経新聞夕刊のコラムに父の事を書いてくださっていたのでスキャンしてみました。

卒業

 

 

曰く、高校卒業の頃は祖父が病臥中で、そのまま家業を手伝わざるを得なかったそうです。

在学中は勉強も学生生活も共にエンジョイしているようでした。しかしまぁ、息子が言うのも何ですが、主席での卒業は大したものです。

今になって思うと、この父の進学のおかげ?で事業継承がスムースに行ったような気もします。

近年、大学の二部がほとんど無くなってしまいました。世の中全体が”ゆとり”を無くしているような気がしてなりません。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

PCを買いました

Dell 製 Windows7 のPCを27979円で購入しました^^ 安い!

K0010133

使っている販売管理のソフトが7で動かなかったため、ずっとVistaで辛抱していたのですが、消費税が上がった折にソフトをバージョンアップして7にも8にも対応できるようになりました。

PC歴は1987年、初の16ビットパソコンPC98-UV2を購入してMS-Dosで動かし、’95年に98canbeでウィンドウズ3.1を95にアップロード、それ以降はずっと自作PCでやってきました。

Dellのパソコンが台頭してからはパーツ代の合計よりも完成品の方が安いという状態になって、三年前に最後の自作マシンが引退しました。

幸いな事に私の世代はPCの進化を真面に体験できたし、ワープロや表計算のソフトも、甚だ使いにくかったものから便利な姿になるまでの進歩を見て来られました。

貴重な経験が出来たと思っています。それほど詳しくはありませんが、基本的なことが分かっているというのは何らかの強みです。

 

そして、今日の一冊は浅田次郎さんの「赤猫異聞」

612LuofZCfL赤猫とは放火、放火犯から総じて火事の事を言い、江戸伝馬町の牢では火事に因る囚人の解き放ちも「赤猫」と呼ばれただそうです。

しかし、この人は本当に巧い。すっかり浅田ワールドに惹きこまれてしまいました。

そして言葉を一つひとつ丁寧に選んで大切にしておられるのがひしひしと伝わってきます。大好きな作家の一人です。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る


コメントする

田坂広志さんと坂本光司さんの本

濫読のわりに本のチョイスは上手な方だと自負しています。

しかし、これほど感動する本に二冊連続で出会えるのもまた珍しい経験です。

ひとつは田坂広志さんの「自分であり続けるために」。
41A4hmcKa5L._AA278_PIkin4,BottomRight,-44,22_AA300_SH20_OU09_

仕事に取り組む姿勢など、いつも読むたびに心に響きます。

 

もう一冊はシリーズ三つ目になりました。坂本光司さんの

「日本で一番大切にしたい会社」51tRELcubFL

会社を経営する本当の目的、誰のための会社なのかと毎回スバラシイ事例を紹介しておられます。

こういう本と出合って、立ち止まって自分の立ち位置を慥かめられる事は、いつも前のめりになっている私にとって、とてもありがたい貴重な事です。

 

 

 


コメントする

近江八景

マックス・ダウテンダイ(1867-1918)は明治三十九年(1906年)世界一周旅行の途中に一月ほど日本に滞在し、大津にも立ち寄られました。

近江八景を見て回り、琵琶湖疏水を舟で下って京都に行ったと旅の記録にありました。「三井寺力餅」を食したとも!(明治三十九年は祖父の生年でもあります)

帰国後、近江八景をモチーフに八つの短篇小説を書かれたのがこちら「近江八景の幻影」(原題:琵琶湖の八景)です。日本語版は2004年に大津市出身の河瀬さん、高橋さんお二人の共訳で出版されました。

画像

一度図書館で借りたのですが、一冊手元に置いておきたくて買い求めました。

この方、ヴュルツブルクの出身でドイツでは大変有名な詩人・作家です。この物語が基になって大津市とヴュルツブルク市の姉妹都市が始まった事もなんとも文化的で美しい話だと感じています。

近江八景は元々中国の山水画の画題の名所で、それぞれ下記のように近江の名所になぞらえて出来たのが現在の近江八景です。

  • 瀟湘夜雨 → 唐崎の夜雨
  • 平沙落雁 → 堅田の落雁
  • 烟寺晩鐘 → 三井の晩鐘
  • 山市晴嵐 → 粟津の晴嵐
  • 江天暮雪 → 比良の暮雪
  • 漁村夕照 → 瀬田の夕照
  • 洞庭秋月 → 石山の秋月
  • 遠浦帰帆 → 矢橋の帰帆
画像

歌川広重 近江八景  粟津の晴嵐

広重の粟津晴嵐。現在の粟津中学校の西側辺りです。

普段何気なく通っている道もこんなに深い歴史がある、やはり大津はとても美しい良い街だと思います。

近江八景を順番に回って行くツアーや、絵と同じポジションから写真を撮れるスポットなど、もっと私たちの遺産として活用していく術を考えていきたいものです。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る