杣人のBlog

The days of Lake Biwa, Otsu, Daichudo びわ湖・大津 大忠堂


コメントする

ドイツビール

日本のビール会社は、アサヒ、キリン、サントリー、サッポロ、他に地ビールなどを作っている処もありますが、ほぼ四社の寡占状態と言えます。 では、ドイツには何社あるか?と云うと、実に千二百社以上! そしてビールの種類は約五千に及びます。

昔は教会でビールを醸造していたという歴史もあるからだと思いますが、それにしてもビール会社がそれぞれの街に一つあるような感覚です。 またドイツには1516年4月23日に定められた”ビール純粋令”と云う法律が今でも健在です。この法律によってビールは麦芽とホップと酵母しか使ってはならない事が定められ、現在でもしっかり守られています。ちなみにこの法律を記念して4月23日は”ビールの日”になっています。

感心するのは、ドイツの方々は本当に自分の街のビールが大好きで、とても大切にしておられるところです。大メーカーによる寡占状態にならないのは地域の人々のこういった支えがあるからかも知れません。

そんな数あるビールの中で私が好きなのは、大津市と姉妹都市のヴュルツブルク市のユリウスエヒターという白ビールです。白ビールは原料が小麦で、瓶内には酵母が生きた状態で沈殿しています。グラスに注ぐ時は酵母が全部出るように、瓶を振って二三回に分けて注ぎます。とてもフルーティーで濃厚で豊潤で深みがあって・・・とにかく美味しいビールです。

CIMG7700

このビール、日本国内では由美浜にあるドイツレストラン ヴュルツブルクでしか取り扱っていません。機会がございましたら是非お試しください。お持ち帰りも可能です。

びわ湖・大津 大忠堂トップページに戻る